熊牛太鼓クラブの活動について

 

1.目   的

地域の文化である熊牛太鼓を学ぶことにより、ふるさとに対する理解とふるさとを愛する心を育成する。

地域の指導者を招き指導を受けることにより、人とのふれ合いを広める機会とする。

2.内   容

毎週火曜日・6校時目、クラブ活動の時間を利用して練習をする。

地域にある保存会の活動と交流しながら、技術の向上を図る

学芸会・6年生を送る会などで発表の機会を持つほか、地域の神社祭典など にも参加し発表する。

3.歴   史

創 始  昭和57年

創始者  高橋 丈夫 氏(磯分内在住)

由 来 昭和44年に民謡会子供グル−プができ、その時、樽太鼓で練習していたのが前身である。

昭和45年、日本甜菜糖磯分内工場の撤退と共に衰退し、

昭和48年 以降活動は途絶えたが、「塾などに通っていない子供達の余暇を健全に過ごさ

せたい」という高橋丈夫氏の呼びかけにより、昭和57年に磯分内子供樽太鼓」として復活した。

昭和60年に自治宝くじの補助金をもって、しめ太鼓・和太鼓・樽等を購入する。この年,

『熊牛太鼓』と改称、現在に至る。(活動日は、毎週水曜日・公民館において活動している。)

平成8年度より、小学校に『熊牛太鼓クラブ』を設置し、毎週火曜日・6時間目、練習に励んでいる。

4.主な演奏曲

『湿原太鼓』…高橋丈夫作

阿寒が国立公園に指定されたことを記念して作られたものである。

釧路湿原の四季を表現する美しく勇壮な曲。本会のテ−マ曲でもある。

『復興太鼓』…高橋丈夫作

日本甜菜糖磯分内工場の撤退によって衰退していく磯分内地区の復興と活性化を願って作られた曲である。

『高陣太鼓』…高橋丈夫作

陣太鼓のイメ−ジを高橋丈夫氏流のアレンジにより構成したものである。

『湿原太鼓』・『復興太鼓』は、多くの人の手を必要とするが、次第に加入者が

少なくなり演奏ができなくなったため、少人数用として作られたものである。

『飛龍太鼓』…高橋丈夫作

5.主な演奏活動

昭和60年代なかばから平成3・4年ころにかけて、札幌夏祭り・函館青函博・

江別芸能祭り・岩見沢芸能祭りなどに招かれ、全道的に演奏活動を行ってきた。

近年は、児童数の減少と指導者である高橋氏の都合もあり、活動の範囲がせばまっている。

しかし、『熊牛太鼓』父母の会(藤原正彦会長・高橋丈夫指導者)は、地域の文化遺産を

永く保存したいとの願いを強く持ち、小学校・中学校や関係機関に働きかけるなどして、

活動の活性化に期待しているところである。

平成9年度『熊牛太鼓』の主な活動

磯分内神社祭典

磯分内地区文化祭

磯分内地区敬老会

釧路管内PTA母親研修会

平成9年度『熊牛太鼓クラブ』の主な活動

磯分内小学校学芸会

戻る